a859d337.jpg




最近、服を買い過ぎた。

そんな私が出会った本。運命としか思えません。


地曳いく子さんの服を買うなら、捨てなさい




こんなに買ってよかったと思う本は、7~8年ぶりくらい。



ちなみに、7~8年前に買ってよかったと思った本。



kakoさんのすっきり、心地いい暮らしの作り方―週末ちょこっとずつ・・・ (主婦の友生活シリーズ)



私のインテリアや収納の原点になった本。バイブルです。

最近、本自体も読んでなかったんだけどね(笑)


本題の『服を買うなら、捨てなさい』ですが…



タイトルは何となく当たり前のことが書いてありそうな。(失礼ですね)

でも、目次に惹かれて買いました。

服を買うなら、捨てなさい 目次


●服を増やすと、おしゃれ度が下がる理由



気になる。私の手のシワも気になる。

更に、そのページを開くと…



「ダサい」の印象は「おしゃれ」の印象の100倍強い



なんか、分かる気がする!!

もっと深く知りたい!!

と思って、お買い上げ。



このドキっとする言葉の意味は、

おしゃれな人が1度でも、ちょっとダサい服(つい混ぜてしまうイマイチな服)を着てしまうと「でもホントはちょっとダサイ人」という評価が付いてしまう。

というような内容でした。

恐ろしいけど、あるあるです。



そして一番、感動&納得したこと。

私の最近の悩みでした。



同じような服ばっかり。




同じような服じゃなくて、同じ服もある(笑) 黒のスキニーは全く同じものが2本あります。

友達にも「昨日と同じ服着てると思われそうだよね…誰も見てないだろうけど(笑)」

って話していましたが、



それで良いんです!!



ワンパターンで良いんです!!



もう、目から鱗でした。
あ、でも私…30歳をとっくに過ぎているから、もっとボトムスにはお金をかけなきゃいけないの(;ಥ;ω;ಥ;)

イマイチな服を取り混ぜてバリエーションを増やすより、完璧なコーディネートを何度も登場させた方が、ダサイ人にはならずに済みます。



着回しコーデとか、毎日違う格好をしなきゃとか。

バリエーションを増やすことは良い事だと、私も思い込んでました。




こういう服ばっかり持ってるから、いつもと違うテイストを買ってみても『こういう服』より着ることはない。

わかるわ~

だから、買い足しより買い替え。

『こういう服』をランクアップさせるべき。

おっしゃる通りでございます!!



他にも目から鱗が沢山で。



「何にでも合いそうな服」は何にも合わない服。トップスなら完璧に合うボトムが1~2本あれば十分。とか。



差し色の服は買っても着ない。同じ色ばかり着ていると思われていれば、その人のスタイルが確立している証。差し色は小物で。とか。



そっか!!なるほど!!確かに!!って思えることがとても多い本でした。



私のように

✔服が好きな方

✔イタイおばさんになりたくない方


には是非読んでほしい一冊です。




もちろん、断捨離したい方にもね。