2378184 のコピー



実は、実家のお墓、

今年の初めに墓じまいが

済んでおります。



私には、弟がいるんですけどね…



弟の意見を聞きつつ、

父が判断しました。



お墓に入っているのは

私の父方の祖父と祖母。



祖母の50回忌と、祖父の23回忌の法要後、

墓じまいとなりました。



お墓って、なかなか削ぐのに

勇気がいると思うんですよね。



119252



祖母は早くに亡くなっているのですが、

その時に寺院墓地を購入しています。



祖父は30年近く、

毎月のお墓参りを欠かしませんでした。



おかげで、住職さんともとても良い関係を

築けていたように思います。



祖父が亡くなった後は、

父と母がその後を引き継ぎ

毎月、お墓参りをしてくれていました。



私は、一緒に行ける時に行くくらい…



近くに美味しいケーキ屋さんがあって

それ目当てでもありました。



お近くの人は知っていると思うけど、

マジで美味しいです👇
 






で、そんなこんなで

お墓を守ってくれていた父ですが

自分ができる法事は、これが最後かな?と。



お墓参りが義務のようになっていたし

お墓を維持していくのにもお金がかかる。



これを、弟(父から見たら息子)が

できるのか?と不安になったっぽい😅



墓じまいをするにも、お金がかかる。

自分の代でスッキリさせたいと

思ってくれたようです。



お墓以外にも、お世話になった方でも

ビジネスの付き合いは、切る時には

スパッと切るところは本当に尊敬に値する。



で、父に



「誰も弾かないピアノとか削げないのに

お墓を削げるのは、すごいと思う」



って言ってみました。

我が実家は、ほんと、捨てられないモノだらけで

めっちゃ圧迫感があるから😂



そしたら、

「浜松のおじいちゃん(母方の祖父)の影響」

だと。



母方の祖父は、昨日のブログに登場してます。

 





母方の祖父母はミニマリストらしく

「お墓は要らない。海に散骨してほしい」

と、ずっと言っていました。



法事やお墓の管理が、子どもや孫たちの

負担になるからだと思います。



そこに私はいません。

眠ってなんかいません。



とは言ってないけど、

多分、そんな感じです。



そんな母方の祖父にはいつも



「お父さんに、本当に感謝している

奈緒もお父さんへの感謝を忘れたらいかんに」



と言われています。



父方の祖父も、母方の祖父も父のことは

ずーっと頼りにしていた。



私や弟は、みんなに頼りにされていた父の年齢に

とっくになっているのに、

まだ父のことを頼りにしている…



本当に私たちのために、ここ数年でも

大きくて手間がかかったり面倒だったりな決断を

たくさんしてくれました。



本当に感謝しても、しきれません。



が、まだまだ頼れる父でいてほしいと思ってしまう

2021年の父の日でした。





👇ミニマリストの祖父。
 



👇実家のごちゃごちゃ具合。
 



👇実家は安全な場所であってほしい。
 




私も、子どもたちが大変だろうから

「お墓には入れてくれるな」

と言ってあります。



もちろん、父方の祖父のように

お墓参りが心の拠り所になる場合もあるから

誰にとっても、お墓が要らないとは思ってません。



👇削ぎ家事研究室の最新の研究内容をLINEで受け取れます。




👇Twitterもやってるよ。




👇削ぎ家事チャンネルも見てね〜。

YouTubeバナー