母さんがどんなに僕を嫌いでも 歌川たいじ 映画 試写会 (3)



同じライブドアのブロガー、歌川たいじさん原作の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が映画化!!

試写会で一足お先に映画を見させていただきました。



歌川たいじさんは、壮絶な過去をお持ちですが、普段は楽しい絵日記を書いてる方です。



映画は、タイトルからして想像できるかと思いますが、お母さんに虐待されていた歌川さんが、

距離を置いていたお母さんと向き合うお話し。

涙あり、笑いあり、でもやっぱり涙…の展開。



ばあちゃんや友達の力で、歌川さん自身も変わっていく。

映画化までされて、友達もめちゃくちゃ嬉しいだろうな~と思うと、また涙…。



最後に歌川さんもおっしゃっていたし、本には何度か書かれているのですが、

ただ、『虐待されてかわいそうとか、ハッピーエンドで良かったね』

では、ない。



『虐待の可能性があるのに気づかないふりをするのは違法です』

虐待されてたって、子どもは親をかばうんだよ…。

周りが気付いて、動かないと。



そんな歌川さんからのメッセージを感じ取りながら、映画館で見ていただきたい!!



大きな声では言えませんが、映画を見るまで本を読んでませんでした^_^;

帰りの電車の中でkindle版をポチるも、泣きそうで読めず(笑)

帰ってから読みました。






やはり、本の方が時系列も細かく書いてあるので、映画→本で二度楽しむことができました。

二度どころじゃないかも。



映画の中に出てくる混ぜご飯。

お土産にいただきました。



母さんがどんなに僕を嫌いでも 歌川たいじ 映画 試写会 (2)



歌川さんの手作りだよ。

これ、食べながら、また涙。

みたいな。



これから先、混ぜご飯、ヤバいかもしれん。



母さんがどんなに僕を嫌いでも 歌川たいじ 映画 試写会 (1)



画像が粗くて、ごめん。

最後の歌川さんの話も、笑いあり涙ありで感動でした。

映画の最後に流してほしいくらい貴重なお話しだったよ。



11/16(金) ロードショー。







本もいっぱい出てるから、好きなやつ読んでみ。

全部でも良いんじゃないかな。












おまけ。

昼は、コストコ生活のliliちゃんと、いきなりステーキを食べたよ。



コストコ生活 いきなりステーキ



もちろん、これはliliちゃんのブログネタに。




映画の後は、持たない暮らし~ミニマム生活。の小豆ちゃんと、イッチャマンの教科書のイッチャマンも一緒にお茶。



持たない暮らしミニマム生活 イッチャマンの教科書 コストコ生活



小豆ちゃんの試写会記事↓



イッチャマンの試写会記事↓



泣いて笑って、顔の筋トレになりました。

イッチャマンの教科書が映画化されたら、私も登場させてもらうんだ~。



このブログの更新通知…☆*ヽ(・ω・ヽ*)受け取って。


s_app-icon2