お年玉



あけましておめでとうございます!!

2022初ブログ、読みにきていただき

ありがとうございます。



今年は、もっともっと『笑』の多い年に

したいなーと思っております。







皆さまにとっても『笑』の多い年に

なりますように。



それでは、本題。



かつて、私がお年玉をもらっていた頃、

高額のお年玉をくれる親戚がいました。

祖父の兄弟のお家なんですけどね。



そのころは、「金持ちなんだな」ってしか

思っていなかった。



だけど、お年玉をあげる側になってから

気がついた。



お年玉の金額は、年齢だけでは決められない。



祖父の孫の人数よりも

あちらの孫の人数の方が多いんだ!



お年玉っていうのは、ただ単に

子どもたちにあげるっていうだけでなく

家と家とのやりとりなのだ…と。



祖父が、はとこ①3万、はとこ②2万、はとこ③1万

はとこ④1万、はとこ⑤1万、はとこ⑥1万

みたいな感じであげていたから



あちらは、私5万、弟3万、従姉妹2万

でくれていたのかな?と。



実際、あの時、弟や従姉妹がどのくらい

いただいていたのかは、知りませんし、



祖父は20年前に亡くなってしまったので

真相は闇の中。



でも、年齢だけで金額を決めていたら

子どもいっぱいの方が、なんか得しちゃうじゃん?



子供が就職するまでって考えたら

結構な差額になるでしょう…



でさ、一昨年だっけか?

弟の子どもに初めてのお年玉をあげました。



そしたら、

「0歳なのに、こんなに要らないよ!」って。



そうじゃないんだってば。

我が家には、子どもが2人いるんですよ。



年齢なんかであげてたら、

あんたが払う方が倍になるんじゃ。



2人目が出来たら、その時は…

金額が変わる場合がございます笑



実際ね、息子の友達で、歳の離れた弟が

出来た子がいる。

弟ができてから、その子のお年玉は減ったそうな。



分散されたんだね😅



もちろん、いくらいただくか完全予想は難しい。



娘に10,000円、息子に5,000円かな?と予想したら

子①8,000円、子②5,000円、子③3,000円

にしてみるとかね。



こっちが貰いすぎは気持ち悪いし、

あっちも、貰いすぎると気にするシステム。

あー、大人って大変🤣



そして、子どものいない親戚から

頂きっぱなしで、お返しが全然足りず

いつも心苦しく思っております。



あー、そうだ、今年はもっと

恩返しできる年にもしたいな。



というわけで、今年もよろしくね!!







👇痩せてた時の私を背負わせてるけど、まだ痩せない。
 



👇明日は実家に行こうと思う。最近、マメだわ😁
 



👇いつでもゴミが捨てられるマンションとかでも、ゴミをコンパクトにして出してあげると清掃員さんがとっても助かると思う。
 



👇削ぎ家事研究室の最新の研究内容をLINEで受け取れます。




👇Twitterもやってるよ。




👇削ぎ家事チャンネルも見てね〜。

YouTubeバナー